ムシャムシャ三条

ムシャムシャ新潟からリニューアル。三条ライフをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




PageTop

薄闇シルエット@角田光代

図書館らぶ

持論です

「 わたしが本を選んだのではない。 本がわたしを選んだのだ。 」


これは真だと思う。大ベストセラーな純文学を読んで
「全然おもしろくない。これのどこが面白いの?」
なんて言う人は、本に選ばれていないんだ。
もしくは、その人はその本に書かれている内容を理解できないんだと思う。

メッセージはダイレクトには表わされていないから
如何に読み取れるか、そこから感じ取れるかということなんじゃないかな
無駄な文章を削ぎ落とし削ぎ落とし、核になる部分から想像させる
想像力が試されてる?

または、自分が本当に必要としている 生き方だったり 考え方だったり
そういうのを提示してくれる本に出会えた時
”わたしは本に選ばれた”って思う

そういう時ってありません????


だから、やっぱり純文学は読めないものが沢山ある
年をとったら読めるような気がする



角田光代は、わたしにとてもぴったりくる。

PB172453.jpg

角田光代は好きな作家のひとりです。
それは、わたしによく似た思考だったり、境遇だったりの、主人公が多くて共感できるから


この本の主人公は、アラフォーで独身 
お金にも苦労してないし、何かをつかんでいるようで
本人は何もつかめないで空っぽの自分に焦っている

仕事、夢、結婚、友情、家族

今わたしが考えている、すべてを体現したような 気付かされる内容でした


今のわたしは、空っぽなんだよね
何も成し得てないし、向かう夢もないし、彼氏もいないし、恋もしてない

前は、どこにも向かえなくて、気持ちばかり焦っていて
無理して目標や夢をつくって無理がでてきて、逆に悩んだり、本当あほなんだけどさ
空っぽなりに色々なものを吸収してやるかと、今はそんなだよ
雑食動物。


世の女性の多くが、こういうことを思っているのかもね
でも、25歳という年齢は、とても微妙でリアルでしょ?





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-11-22(Mon)09:38 [編集]


コメントありがとうございます!
大変返信が遅くすみません;;

角田光代、良いですよね~
しかしこれは男性には理解しがたい心情だと思います。
非常にリアルで、そして痛い(笑)

料理の表現がすごく好きなんですよ。
本人、絶対食いしん坊だと思います。

また、おすすめ本書きますねっ

だま | URL | 2010-11-27(Sat)22:09 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。