ムシャムシャ三条

ムシャムシャ新潟からリニューアル。三条ライフをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




PageTop

【容疑者Xの献身】 東野圭吾


容疑者Xの献身


2週間に一度、ほんぽーとに通ってます。
この本は予約なしにたまたま発見したもの。借りるの即決でした

東野圭吾の作品で初めて読んだのは 「白夜行
海外旅行の時に、一緒になった日本人と本を交換した時にもらいました。
ちなみに私があげたのが「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上巻)
どちらも分厚い本ですね(笑)

白夜行…とにかく、「すごい」の一言でした。 
伏線のはり方、事件の複雑さ、登場人物の心情 全てが完璧すぎて本当驚きました。
作家って天才かと。同じ人間だとは思えない。



さて。容疑者Xの献身。
コレもすごかった。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。


だそうです。
やはり天才か!?と思うような 複雑なトリック。
文章にも無駄がないです、天才です。

そして、数学者石神の愛が本当に純真。
本当の愛。。。。

巧妙に仕組まれたトリックが収束していくのは爽快感があります。
最後の謎解きのラスト30ページは、時間を忘れて没頭して読みました。
映画は見たことないんだけど、小説で読むこの感覚の方が絶対良いと思う。
最後までラストがどのようなものになるのか予想できません。
ラストは、納得いくけど、そうあってほしくないようなものでした。

東野圭吾モノは 他に
「変身」「手紙」を読みました。どちらもおすすめ!
流星の絆 ドラマ見れば良かった


こんなのもあった…

映画「容疑者Xの献身」で湯川学教授が使用しました。即納可能!クロニック(CHRONIC)メガネフ...



本の紹介って難しい。。。
でも、コレは久しぶりに夢中になって読んだので、かなりお勧めです。




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。