ムシャムシャ三条

ムシャムシャ新潟からリニューアル。三条ライフをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




PageTop

挑戦!お店シェフのワンプレート

東北電力の料理教室に参加してきました。

「イル チッチォーネ」の米津さんが講師です。
チッチォーネはふとっちょ という意味だそうで、、、自虐的な店名ではないでしょうか。
講師の先生もそんな感じ。ケンコバ似のイケ麺でした


本日作るメニューは

・ほうれん草と松の実のソテー
・生ハム入りタリアッテッテレのサルビアバターソース
・茨城産赤鶏のカッチャトーラ風

これをワンプレートに致します。


材料たちです。
P1171694.jpg

P1171695.jpg

まずは、先生が一通り作るのを見せてくださいます。
簡単なレシピは配布されているんだけど、先生の作りながらのワンポイントアドバイスが非常に多い。
常にメモメモメモ……
先生の料理が完成したのを見届けたあとは、
次はみんなでつくってみよーー ってことで。


四人一組で調理をしました。
わたしと同じ組の他の人は、素敵主婦な方々ででした
作り方は確認したものの、自分がどうしたら良いか分からず、ワタワタ…


なんやかんやで完成いたしました
P1171702.jpg

アップで。 赤・黄・緑がとてもきれいです。
P1171701.jpg



ほうれん草のソテーなんて…ただの野菜炒めかと思いきや、
いろんな注意ポイントがあり、焦る焦る。
イタリアでは葉物はめちゃめちゃ長く茹でるらしいです。
日本で1分半茹でる所、イタリアではパスタと一緒に茹でるから10分近くなるとか。
もはや、緑ではなく黄色くなってしまうそうです。

パスタはサルビアバターソース。
オリーブオイルとバターで乳化させているので、濃厚だけど生クリームは入ってません。
(ただし、バター大量です)
セージの風味が うちではないっぽい味。
パンチェッタがめちゃめちゃ美味しい。

赤鶏はプリプリです。
肉は8割程火を通してから置いておき、再度煮込むことで柔らかく仕上がるそうです。
アンチョビ・ブイヨン・スーゴディカルネ・タイムが複雑な味を醸し出します。
でも、意外と作り方は簡単。
ブイヨンの作り方も教えていただきました。案外簡単!


イタリア料理はとにかく オリーブオイル たーーーーーーーっぷりということが分かりました。
このプレート、1000kcal超え必須でしょう(笑)
オリーブオイルは身体に良い油で、イタリア人はジュースの如くゴクゴク飲むとか飲まないとか。
しかし、日本人な私にとって この油の使用量は驚きでした。


先生は、色々な豆知識を教えてくださり、とっても良い会でした。
これで1500円は安いと思います

また参加したいな~








PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。